在留資格取得許可申請

このエントリーをはてなブックマークに追加

  在留資格の取得とは

 日本に滞在している外国人は、通常、何らかの在留資格を持って滞在しています。しかし、日本で外国人の間に生まれた子や日本国籍を離脱、喪失したものは、日本に滞在してはいますが、在留資格を持っていません。これらの者が60日を超えて引き続き日本に滞在しようとする場合に必要となる手続きが「在留資格取得許可申請」です。この申請によって在留資格を与えらえ、適法に日本に滞在することができるようになります。また、これに前後して在日公館でのパスポートの取得も必要になります。

 「在留資格取得許可申請」は、出生、日本国籍の離脱等の事由が生じた日から30日以内に申請しなければなりません。ただ、「出生後30日以内」の期限後に申請しても、在留資格取得許可申請は特別受理されることが多いです。

 事案 報酬額  その他実費 
 在留資格取得許可申請
54,000円(税込)~  別途、立替金 
※事案によって報酬額は増減いたします。あらかじめお見積り致しますので、ご安心下さい。
 提示したお見積り金額にご納得の上ご依頼下さい。
立替金とは、切手代、印紙代、申請手数料、郵便代、交通費等のことで