永住許可申請

このエントリーをはてなブックマークに追加

  永住者とは

 「永住者」とは、法務大臣が永住を認めるものをいい、その生涯を日本に本拠をおいて滞在するものをいいます。在留期間の更新を行わずに日本に永住することができますが、国籍は外国籍、つまり外国人のままです。日本を一時出国する場合には、再入国許可が必要となります。

  永住者のメリット

 ① 在留活動に制限がなくなるので、自由な活動(自由に様々な仕事)が行える。
   
(※在留カードの携帯・提示、在留カードの有効期間の更新、一時出国した場合の再入国許可は必要
    です。)

 
② 在留期間に制限がなくなるので、「在留期間更新許可申請」が不要になる。

  ③ 外国籍を保持したまま日本に永住できる。
   
(※帰化とは異なりますので、外国人のままでいられます。)

  永住許可申請のポイント

 ○ 素行が善良であること
    
前科前歴があると許可取得が難しくなります。また、税金の長期滞納などもマイナス点ですので、
     日頃から生活に気を付ける必要があります。交通違反も気を付けて下さい。
 

 ○ 
独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること
    
公共の負担とならず、自分の収入や資産だけで安定した生活が送れる必要があります。収入や仕事
     の安定性が求められます。年収が低かったり、生活保護を受けていたりした場合で不許可となった事
     例もあります。

 
○ 原則、日本に継続して10年以上在留していること
    
原則は10年以上の在留実績ですが、申請人の有する在留資格によって様々な緩和措置があります(
     日本人の配偶者は3年以上の在留など)。

 
○ 現に有している在留資格について最長の在留期間のものを有していること
    
永住許可申請をする時点で3年あるいは5年の在留期間を付与されていることが必要です。したが
     って、来日間もなく,1年などの在留期間を付与され状況では申請要件を満たさないことになります

 ○ 法務大臣が、その者の永住が日本の利益に合致すると認めること
    
最終的には、許否の決定は法務大臣の自由裁量ということになっています。申請要件をすべて満た
     せば必ず許可されるわけではなく、これまでの生活状況、活動状況など個々具体的に検討されているよ
     うです



  永住許可申請の注意点

  ※ 入国の際に、「永住者」の在留資格で上陸を許可されることはありません。
  ※ 永住許可申請には6か月~程度の審査を要します。
  ※ 現在有している在留資格の期限が迫っていれば、在留期間の更新許可申請をする必要が
   あります。
  ※ 年間の日本滞在日数が少ないと、許可取得の可能性が低くなる傾向があります。
  ※「永住者」の身元保証人になれるのは、日本人又は「永住者」のみです。ご注意下さい 

 永住許可申請は、必要とされる書類・資料も多く、また、審査も厳しいものとなっております。詳しくは、お気軽にご質問・ご相談ください。

 事案 報酬額  その他実費 
 永住許可申請
(「日本人の配偶者等」・
「永住者の配偶者等」の方)
 108,000円(税込)~  別途、立替金 
 永住許可申請
(上記以外の在留資格の方)
 150,000円(税込)~   別途、立替金 
※事案によって報酬額は増減いたします。あらかじめお見積り致しますので、ご安心下さい。
 提示したお見積り金額にご納得の上ご依頼下さい。
立替金とは、切手代、印紙代、申請手数料、郵便代、交通費等のことです。